様々な効果を期待できるヒアルロン酸注射【美容整形で生まれ変わる】

レディ

痛みの少ない美容医療

女の人

フォトフェイシャルは、東京にある多くの美容皮膚科・美容外科で施術を受けられる美容医療です。IPLという特殊な光を肌に照射して、様々な肌トラブルを改善します。施術時の痛みや刺激も少なく、肌に優しい美容医療として人気です。

もっと知ろう

切らないフェイスリフト

ウーマン

顔のたるみを治療できる切れないフェイスリフト法も、使う糸の種類によって色々あります。カウンセリングでも先生の話をスムーズに飲み込めるようになりますから、基礎知識は頭に入れておきましょう。また、フェイスリフト治療では髪の毛やこめかみを切るので傷跡が目立つ心配はありません。重症度の高いたるみに有効です。

もっと知ろう

ボトックスの特徴

婦人

顔のしわを伸ばす注射がボトックス注射です。ボツリヌス菌から精製した薬剤を筋肉に注入し、筋肉の動きを止めます。表情じわを注射だけで改善できることから、気軽な美容整形として美容クリニックで普及しています。

もっと知ろう

使い道は二刀流

注射器

元々身体にあるもの

歳をとると現れてしまうのがシワです。顔や手のように目に見える所にできてしまうと、やはり気になるものです。この老化現象は避けようのないありふれたものだけに、対策も色々とできており、その中のひとつにヒアルロン酸注射があります。ヒアルロン酸は体内に存在する成分のひとつで、高い保水力を持つのが特徴です。肌細胞にたっぷりの水分を蓄えているおかげで、張りのあるプルプル肌を保つことができるのです。しかし、時とともに日々のダメージが蓄積されていくにつれて減少してしまう存在です。やがて、肌を支えきれなくなった結果、溝ができシワとなるのです。ヒアルロン酸は残念ながら自ら増やすことがほとんどできないので、外部から補充するしかありません。そこで登場するのが、ヒアルロン酸注射です。高い効果もあり、元々が体内にある同じ成分ということで、安全面においてもリスクが少ないのが魅力です。

本来の使い道

美肌効果の高さから注目されているヒアルロン酸注射ですが、元々は医療用として使われていたのが始まりです。ヒアルロン酸は肌だけでなく関節の中にもあり、骨同士が直接当たらないようにクッションとしての効果があったり、関節をスムーズに動かすためのサポートとしての役割があるのです。関節は自然に酷使されるものですから、やがてはヒアルロン酸が減っていき、骨同士がぶつかるようになると炎症を起こして強い痛みを感じるようになります。場所が関節なだけに動かさないというわけにはいかず、治しづらい部分ではありましたが、ヒアルロン酸注射を使うことで、改善できるようになりました。ヒアルロン酸には炎症を抑える効果があるとされてきたからです。このようにヒアルロン酸注射はシワや張りを治す美肌効果だけではなく、関節の治療にもなくてはならない存在です。